種類で異なる機能

帽子とシニア男性

福祉車両とは高齢者や障がいをお持ちの方が使いやすいように配慮された車のことです。それは介護する側にも安全で安心な車です。 福祉車両には介助式と自操式があります。介助式は介護が必要な方を乗せて移動するための車です。助手席のシートが手動やリモコンで回転するタイプのものや、車両後部から車いすのまま乗り降りできるタイプのものなどがあります。自操式は障がいをお持ちの方が自ら運転できるように補助装置が付いた車です。 各自動車メーカーには様々な車種があります。新車ばかりではなく中古車もあります。 福祉車両は購入時にも維持している間も公的補助を受けることができます。車の構造要件や障がいの程度によって補助の内容も異なりますのでお住まいの自治体に確認してください。

体に障がいがあっても家族みんなで支えてあげたいと思うことでしょう。しかし介護を受ける側の声として、申し訳ないという気持ちもあるようです。そのせいか、ついつい外出を遠慮される方もいます。例えば車いすを利用される方の場合は車の座席に乗り移るときに誰かに抱えてもらわないといけないでしょう。それは介護をする側の体の負担もあります。しかし福祉車両なら乗り降りが楽になりますので少しの補助で車に乗ることができます。福祉車両にしてから介護を受ける方の笑顔が増えたとか積極的に外出するようになったという声をよく聞きます。家族みんなが幸せになれる車と言えるのではないでしょうか。 各ディーラーでは福祉車両専門スタッフが相談にのってくれます。すべての店舗での取り扱いではないので事前に確認してください。又、より使いやすいようにシートなどのカスタマイズもできるようです。