内容を確認する

見上げるシニア女性

高齢化社会が加速化している現在、有料老人ホームも増加傾向にある。 老人施設については、この有料老人ホームや特別養護老人ホーム、老人介護施設センターなどが該当する。 老人ホームについては最近、ユーザー側の利用方法が多様化しているため、様々なタイプの有料老人ホームが存在する。また介護認定を受けていない場合でも、利用する事が可能であり、サービスもいろいろなものが利用可能となっている。食事を利用するかどうか、配膳を利用するかどうか、掃除を依頼するかどうかなど、細かく利用者側の希望に沿ったかたちに対応してくれる。そのため、利用者も増加する一方ではありが、問題は入居から、月々に必要とされる費用の部分である。公共の施設と異なる一番の点でもある。

有料老人ホームを利用するのに必要とされる費用については入所時に支払う費用と月々に支払う費用がある。 有料老人ホーム入所時に支払う費用についてはホームによっても異なるが、数百万円といわれている。ホーム自体は個室などもあり、自由に生活できる環境でもあり、アフターケア、アフターサービスも完備されているが、その分費用が高くなるといえる。 また月々についても15万円以上が必要とされている。 行政のホームの場合は安価であるが、入所するのが、かなり困難といわれているため、費用が比較的高くても有料老人ホームを利用する人が増えているといえる。 今後も少子高齢化が進むことが確実視され、老人を世話、介護する人も減っていく中で、有料老人ホームを利用する人は増加すると思われる。