故人との別れに時間を割きたいなら|少人数体制の葬儀が最適

メニュー

1つだけではない選択肢

数珠

形式にとらわれない

多種多様になっているのが葬儀です。これまでは、通夜から始まり告別式、そして火葬をするのが葬儀の一般的な形式でした。また、参列者の人数は80名から100名ほどと、多くの方を迎えるのも一般的です。しかし、今では形式にとらわれることなく、希望通りの葬儀を行う方が増えています。埼玉で多くの方が選択されるようになったのが家族葬です。通夜・告別式・火葬を行うのは、一般葬と変わりません。しかし、参列者は遺族と故人の親しい方のみであるのが、一般葬とは異なります。参列者への対応に追われることなく故人を見送れた、心温まる葬儀にできたと支持を集めています。埼玉では、身内葬も人気です。身内葬は、一般葬と家族葬の中間に位置します。ゆっくりと見送る時間は確保したい、でも参列者の数は制限したくないとお考えの方に最適な葬儀です。ただし、埼玉の全ての葬儀社が対応しているわけではなく、事前に対応の有無を確認しなければなりません。高齢者が増加している埼玉では、一日葬を選択される方も多くいらっしゃいます。一日葬では通夜は行わず、告別式と火葬を1日で行います。遠方より参列する高齢の方も、肉体的負担の心配がありません。また、通夜も告別式も行わない火葬式を選択される方も増えています。生前よりご自身の葬儀を準備されている方の中には、家族の負担をとにかく抑えたいと希望される方が多くいらっしゃいます。その希望を叶えてくれるのが火葬式です。また、無宗教の方が形式的な葬儀を嫌い、火葬式を選択されています。

Copyright© 2017 故人との別れに時間を割きたいなら|少人数体制の葬儀が最適 All Rights Reserved.