工事内容

工事の計画

現在リフォームの中でも高齢者向けのバリアフリーを行う人が増えてきています。 一般住宅におけるリフォームですが、介護のために工事を行うのです。バリアフリーといってもどのような内容の工事をするのか。 まず、玄関が階段になっている住宅の場合はスロープといった坂にします。車椅子をおしてそのまま中に入れるようにするといったことです。 玄関まで坂を利用していき、そこからさらに部屋までといった感じでスロープをつけたりして、とにかく段差をなくして車椅子で家の中まではいっていけるといった仕様です。 現在ではバリアフリーを考えたリフォームは数多くありますが、今後はどういった傾向になっていくのでしょうか。 階段を機械を使って上がるなどの技術がさらに向上し、家の外から中まで、そして行きたい部屋などへリモコン操作でいけるようになり、さらに機械的なものが進化され導入されていくと思います。

介護に伴うバリアフリー工事ですが、気を付けておいた方が良さそうなこともあります。まず、玄関へスロープが欲しい場合、敷地の都合上難しい場合もあるということです。 縦に長さがあるのなら良いのですが、玄関を出てすぐに歩道や道路がある場合は注意が必要です。スロープをつくってもらうとしたら、長さが必要です。そういった場合は折り畳み式のスロープを使って、介護の際に、必要な時にだけ折り畳み式スロープを使うようにすれば良いかと思います。 リフォーム工事でバリアフリーを望むのであれば、当然全て段差をなくしてもらうようにした方が良いです。注意すべき点は他にも多くありますが、介護する際の入り口である玄関へのスロープの設置に気を付けた方が良いです。