故人との別れに時間を割きたいなら|少人数体制の葬儀が最適

メニュー

葬儀にかかる費用は

男の人

戒名料も種類によって違う

東大阪市で葬式をする場合、費用の相場は一般葬、家族葬、直葬などによって異なります。この中で最も会葬者の多い一般葬の相場は50名程度なら100万円前後となります。これは通夜や告別式、会場使用料、火葬料などをパックにした費用です。そのほかに寺院に戒名料と読経料をお布施としてお渡しします。戒名料はお寺の宗派や戒名に種類などによっても違ってきますが、信士や信女なら30万円前後、院、居士、大師がつく戒名なら50万円前後、院殿、大居士なら100万円以上の戒名料が必要な場合もあります。これに葬式での読経のお礼を合わせてお布施としてお渡しします。そのほかにオプションとして通夜ぶるまいや昼食などを付ける場合の費用も必要となります。これらを合計すると東大阪市での葬式の相場は200万円近くなることもあります。東大阪で近年増加しているのが家族葬です。家族葬はごく限られた人数で行う葬式です。そのため一般葬よりも費用をかなり抑えることができます。また通夜や食事などを省く場合も多く20名程度の参列者の場合、戒名料を加えても100万円もかからないこともあります。また東大阪市で通夜や告別式をせずに直接火葬する場合の相場は10名程度で20万円前後となっています。最近東大阪市では最近派遣型の僧侶を依頼するケースも増えています。これは戒名料も従来よりもかなり安いので人気となっています。葬式を依頼する場合、費用が高額になる場合は支払い猶予期間が長いところを選ぶことも大切です。

Copyright© 2017 故人との別れに時間を割きたいなら|少人数体制の葬儀が最適 All Rights Reserved.